ロハス生活のススメ › 夫の病気 › 家族全員揃っての生活を再開しました

2018年08月20日

家族全員揃っての生活を再開しました

8月10日に病院を退院し…
家での生活を再開させることができました。

脳転移の進行がとても早く、それを少しでも抑えるために放射線治療をしてきましたが…
全身状態の低迷により、途中で打ち切ることになりました。

もう治療が終わったんだよと伝えると
「じゃ、帰ろうか」と夫。


治療を終了することが決まって翌日には退院を表明。
翌々日には退院という超スピード対応が可能だったのは…

家を片付けてくれたお友達(神山のお友達だけでなく、大阪からも泊まりでかけつけてくれました)、エアマットなど必要なものをすぐに揃えてくださったケアマネさん、在宅診療を受けるための手配を急いでくれた病院の職員さん方、在宅診療をお盆前という多忙な時期に引き受けてくださった先生方、家についた時に移乗を手伝ってくれたお友達、そして家族や親族の同意と協力…そして何よりも心強かったのは大阪から看護師の友人がかけつけてくれたこと(10〜17日まで滞在して協力してくれました)。

長距離移動すること事態がリスクであると言われていたのにもかかわらず、夫はまったく問題なく、むしろぐっすり眠って快適に移動してこれました。


帰宅してから、夫の眼力は強くなったように感じます。
また、病院食と違って食べ慣れたものを食べることができるので食事量がとても増えました。

また、治療も諦めてはおらず、鳥取のよろずクリニックさんのご協力でコロイドヨード療法を始めました。
加えて、丸山ワクチン、ホルミシス療法(ラドンミスト吸入)や三井温熱療法も続けています。



さて先日は私たちの住む下分地区の夏まつりがありました。
子どもたちは義両親と共にお祭りへ。
「いってきまーす!」の元気な声に
「じゃ、行こか」と夫。

今の夫は左半身が完全に麻痺し、右半身は手足をおおまかに動かせる程度。立位はもちろん座位も寝返りも自力では難しい状況です。
「来年は絶対に行こうね」
そう伝えながらも…どうにかならないかなと訪問看護の看護師さんに相談してみました。
「お祭りに行きたいと言うのですが、行けますかね…」
そして返ってきたお返事は
「行けるかどうかじゃなくて、行きましょう!」

1時間後には看護師さん2名といつものドクターがリクライニング車椅子と共に駆けつけてくれました。
ベッド⇔車椅子の移乗には民生員さんにもご協力いただき、花火を家族で見ることができました。

ささやかだけれど大きな願い…叶えてもらえたことに感動しました。
夫はもちろん、子どもたちもとても喜んでいました。

たくさんの方々のおかげで今を最高の状態で過ごすことができています。
本当にありがとうございます。



同じカテゴリー(夫の病気)の記事画像
お知らせ
明日…
無事誕生日を迎えました
経過報告と家族写真
鳥取での治療が終わりました
鳥取での治療が始まりました
同じカテゴリー(夫の病気)の記事
 月命日でした (2018-09-24 00:50)
 お知らせ (2018-08-24 23:18)
 明日… (2018-08-09 21:30)
 無事誕生日を迎えました (2018-08-07 13:04)
 経過報告と家族写真 (2018-07-20 14:08)
 鳥取での治療が終わりました (2018-07-07 17:06)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。