ロハス生活のススメ › 自家製酵母、自家製酵母パン

2017年11月18日

今日のパン〜ライ麦100%のライ麦パン〜

我が家;「モリグチャウダー」のパン、喜多野安心市で販売しています。

このパンは元種も有機ライ麦粉と水だけでできていますので、本当にライ麦だけ!のパンです。

ライ麦はGI値も低く、健康管理にもってこい。
ビタミン、ミネラルも豊富。
もちろん、グルテンフリー!

徳島には全国的に見て糖尿病の方がとても多く…
少しでも健康的でおいしい生活を支えることができたらなと思い、試作を繰り返しました。

近日中にネット販売の環境も整える予定です。
またご案内させてもらいます♪
  




2017年11月09日

今年もシュトレン


(↑昨年のシュトレン)

久しぶりの更新になってしまいました。
子ども三人分育児に家事、畑仕事、パン仕事…
忙しいながら充実した毎日です。

さて今年もシュトレンの試作を始めています。
先月、無農薬の栗を拾わせてもらってその栗で渋皮煮を作りました。


(↑渋皮煮をどーんと入れます)

ドライフルーツのラム酒漬けも準備万端。



しかし、今年はひとつ大きな問題が。

それは、私が砂糖断ちしているということ。
神経を取るか取らないか…という状態の歯を救うべく、9月から砂糖を断っています。

なので試食ができない(泣)

とーっても美味しそうに今年も焼けているのに…
どうしても食べたくて生地に砂糖を一切使わないシュトレンを焼いてみました。
(渋皮煮とはっさくピールは砂糖煮なのですが…)

(↑昨年仕込みのはっさくピール)

とってもとっても美味にできました!
砂糖を断ってから味覚が研ぎ澄まされてきたような気がします。

しかしながら、一般受けするのは難しそう…(夫曰く)
今年のシュトレンがどう決着をつけるのか。

従来と同じものに今年の工夫を加えた試作も出来上がっているので数日中には結論が出そうです。
今年もたくさーんシュトレンを焼きたいと思います!  




2017年09月20日

酵素シロップの搾りかすで自家製酵母とパン

続、アップしそびれ記事。
2013年に書いたものです。

そういえば、今年は酵素シロップは梅を漬けただけだなあ…。
虫歯の関係で来年くらいまではストイックに砂糖を制限しなければならないので、酵素シロップからも少し遠ざかりそうです。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

酵素シロップの漉しかすは色々と使えます。

これを刻んで、種と果肉に分けます。
種の部分は酵母起こしに使います。

果肉部分はパウンドケーキの材料に。
(奥から順に、種部分、果肉部分、果肉を刻んだもの)


刻んで瓶に入れていたのですが、うっかりと蓋を閉めてしまい…

開封したら溢れ出てきました!
搾りかすも発酵を続けているんですよね。
こういう元気な様子を見るとなんだか嬉しくなります。  続きを読む




2017年09月15日

レモンの皮で酵母起こし

また…
アップしそびれ記事。
2013年に書いていました。
酵母をいろいろなものから起こしていた時期ですが、この時はレモンの皮でやっています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
酵素シロップのワークショップで使ったレモンの皮を持ち帰って、酵母起こしをしてみました!

仕込みは簡単!
湯冷ましの中にレモンの皮を入れるだけ。
今回は果肉がない分、蜂蜜をスプーン1杯ほどいれました。


2日目。

もう既に素晴らしい香り!


2日目夜には早くも気泡!


3日目。

昨夜より更に気泡が増えました。

4日目以降、あまり様子が変わらず…
泡もおさまってしまったため、酵素シロップの濾しかすやりんごの芯を投入。



これで酵母液完成。いい香りがします。
元種を育ててみます。



酵母液と全粒粉を同量ずつ混ぜます。



半日置くと…発酵していました!
これくらいちゃんと発酵すればパンも焼けます。
(粉と酵母液を加える作業をあと2回ほど繰り返せば更に安定した元種になります)

意外といろんなものでできる酵母液、そしてパンの元種。
みなさんもぜひお試しください♪  




2017年08月18日

携帯なし生活と今日のパン

とても久しぶりの更新になってしまいました。
更新していないのにもかかわらず、たくさんのご訪問ありがとうございます。

最近、夫が携帯電話を壊してしまい、私の携帯をあげてしまったので…
ブログを更新しることもインターネットをみることも日常から遠ざかってしまっています。

でも、このネットから遠ざかる生活によって、日常の時間が少し増えたような気がします。
中でも本を読む時間がとても増えました。

これまで一度読んだ本を読み返しています。
過去と現在では、同じ本でも気づくことや感じることも違っていたりして新たな発見がたくさんあります。


パンも毎日…とはいきませんが週に2,3日は焼いています。
これはライ麦パン。
酵母はライ麦と水だけで起こしています。
とてもめずらしい、ライ麦100%のパンです!
(ライ麦は北欧産のオーガニックです)

夫が何度も試作を繰り返してレシピを完成させました。
とても味わい深く、噛むほどに美味しいパンです。
  




2017年03月29日

適当でもちゃんとできる八朔ピールのレシピ

庭の八朔を使った八朔ピール。
2本の八朔の木もほぼ食べ尽くし…もうそろそろおしまいです。

八朔ピール、何度も作るうちに計量などしなくなりました。
適当でもできるようになるものですね。

私の作り方をご紹介します!
1.八朔の皮を一晩水に漬けて柔らかくする(ピールは綺麗に洗っておきます)
2.10分茹でて湯を切る
3.粗熱が取れたらスプーンで白い部分をこそげ取る(少し残っても大丈夫)
4.10分茹でて湯を切る
5.もう一度、10分茹でて湯を切る
6.細長く刻む
7.砂糖と少量の水を加え、火にかける(中火)
8.焦げないように時々混ぜ、水分がなくなるまで火にかける(弱火)

出来上がったピールは密封できる袋に入れて冷蔵または冷凍保存します。

砂糖の量はとても適当。
少なすぎると傷みやすくはなりますが、冷凍保存すれば問題ないと思います。

我が家は八朔10~15個分のピールにキビ砂糖を1袋(750g)使っています。
混ぜすぎると崩れてしまうしなかなか水分も減らないので、一度に大量に炊くより何度かに分けた方が良いと思います。

我が家のピールは白いお砂糖を使わないので一般的なピールよりも色がだいぶ濃いです。
でも、とっても美味しいですよ。

パンやケーキに混ぜたりして重宝しています。

チョコレートとの相性は抜群です!


今年のシュトレン~バレンタインバージョン~はこのピールをたっぷり入れてみました。


意外と簡単なピール作り。是非試しみてくださいね。  




2017年03月27日

我が家のシュトレン~バナナバージョン~

今日はシュトレン、バナナバージョンの試食。

常温で約2ヶ月熟成させてみました。
上半分と下半分は風味が違います。

上半分は通常生地。
下半分はバナナ風味!!

生地は申し分ないのですが、バナナは水分が抜けて焼きリンゴのような食感…。
どうにかできたらいいんだけどな。。
今年の冬までにゆっくりと考察してみたいと思います。


さて、出産予定日が差し迫ってきました。

もう予定日まで一週間切っています。
それに加え、少し早くなるかも?と言われているので…
あと数日でお腹の子に会えそうです。

良いご報告ができるように頑張りたいと思います!  




2017年03月19日

我が家のシュトレン

昨年焼いたシュトレンを室温で約4ヶ月寝かせてみました。

寝かすほどに味わい深く…美味しいです!
次のクリスマスにもたくさん焼けるように、今から色々準備をしておこうと思います。

またたくさんの方に召し上がってもらえますように。